YAMANOKOTOBUKI STORY

夏の風物詩

20100526.2.jpg


初夏ですね。
蔵の周りを歩いていると小学生がもう、半そでを着ていました。

地元の夏の風物詩といえば鮎釣りです。

筑後川の夏の風物詩として有名な鮎漁が先日、解禁になりました。国内で唯一、魚を「捕る鵜飼」を実践しているのが特徴です。

幼い頃、鵜飼を見る時期になるといきたい!!いきたい!!と駄々をこねていたのを思い出します。

今は食べる鮎のほうに興味がわいておりますが・・(笑)

posted by いくよ at 10:19 | Comment(0) | 八代目郁代の奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。