YAMANOKOTOBUKI STORY

筑後川花火大会2010

8月5日は地元久留米で西日本最大級の筑後川花火大会があります。

この花火大会は、慶安3年(1650)に久留米藩2代藩主・有馬忠頼が現在の水天宮社地に社殿を寄進した際、その落成祝賀にあたって花火を打ち上げたのが始まりといわれ、約1万8000発の打上げ花火と、ナイアガラをはじめとする仕掛け花火が予定されています。

この日は通行止めや交通渋滞がすごいので、山の壽に来ていただいている運送会社さんは時間との戦いです。

前日の8月4日は、「明日は、いつもより2時間早く来ますんで!!」 という意気込み。

こちらも時間を気にしながら指定の時間に出荷品を間に合わせ、皆汗だくになりました。

夜はゆっくり花火見物を楽しみます。


posted by いくよ at 10:16 | Comment(0) | 八代目郁代の奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。