YAMANOKOTOBUKI STORY

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
旧年中はなにかとお優しいお心づくしにあずかり誠にありがとうございました。

雪が舞うお正月になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

山口家は、お正月の準備にバタバタとしておりました。
今年も前杜氏がついたお餅をいただき、神様へのお供え物として準備をしました。
正月のお供えである鏡餅は、神様の召し上がりものとして献上し、そこに新しい神様が宿り、福が来るようにと願って供えられます。山の壽は蔵の中・母屋・庭などいたるところに神様がいて、お餅をお供えします。(神様によってお餅の大きさやお供えする数が違うんです)

20110101.1.jpg


先祖から受け継いだものを引き継いでいくことを一番考えさせられる時がお正月の準備をする時間です。
今年も多くのことを学ばせていただくとしになりそうです。

20110101.2.jpg


本年も相変わりませず、お導きくださいますよう、お願い申し上げます。





posted by いくよ at 18:32 | Comment(2) | 八代目郁代の奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喪中に付き新年のご挨拶を省略させて頂きます。

うらの酒店での地酒を楽しむ会でお世話になりました、おさーんですw
今季の新酒を生酒、及び阿波屋別注垂れ口で頂きましたw

あまりにも卑怯なやり口に成す術もありませんorz

責任とってね♪
Posted by madcockey at 2011年01月02日 01:53
おさーんさん、コメントありがとうございます。
今季の新酒生酒と阿波屋別注垂れ口とお飲み頂きありがとうございます。
先日うらの酒店様にも別注品をお出ししたんですよ。機会がありましたら是非☆

2月6日のうらの酒店様企画大人の修学旅行in山の壽(蔵見学)にはいらっしゃいますか?お会いできると嬉しいです。ではでは☆
Posted by いくよ at 2011年01月25日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。